補償内容 自動車保険のおすすめ知識

【コスパ重視】プロが作った自動車保険の補償プラン【おすすめ】

2020年4月25日


こんにちは、損保社員の丸山です。

このページを見られている方は、自動車保険の見直しにかなり高い感度を持っている方だと思います。

そんなあなたでも、「自動車保険を見直すぞ!」と意気込んだは良いものの、こんな疑問にぶち当たっていませんか?

よくある疑問

  • 自動車保険を見直そうと思ったけど案外難しい。
  • どんな補償内容にするのがいいんだろう。
  • 保険料は安い方がいいし、安心も捨てられない!
  • つまり、コスパが良い補償内容にしたい!

そこで私の損保社員としての経験を踏まえ、

丸山
保険料と補償のバランスが良いコスパ最高な補償プランを作りました!

「そもそも自動車保険の補償内容自体がよくわからない!」という人は、前提として以下の記事を見ておいてください。

【完全版】プロがおすすめする自動車保険の「補償内容選びの鉄則」

続きを見る


保険料と補償のコスパを追求した補償内容

こんな方向け

自動車保険の補償プランの分布図(保険料重視・コスパ重視・補償重視)

保険料と補償のコスパを追求する方向けのプラン

「保険料は安い方がいいが、事故を不安に思うのは嫌!」という方向けのプランです。

このプランの特徴

コンセプト:「大きいリスクをバッチリ補償!細かいリスクは外す。」

  • 自分の貯金では払いきれないようなリスクは補償を付けています
  • 自分の貯金で払えるようなリスクは補償を付けていません

この内容をもっと詳しく整理すると、以下のとおりです。特に「補償なし」となっているものは、注意して確認おきましょう。

リスクの大きさ誰のため補償状況
大規模リスク(数億円規模)相手万全の補償
大規模リスク(数億円規模)自分万全の補償
中規模リスク(数十万円規模)自分補償なし
小規模リスク(数万円規模)自分補償なし

プラン内容

下表のとおりのプランとなります。

補償内容付帯
対人賠償無制限
対物賠償無制限
人身傷害補償3,000万円
搭乗者傷害補償×
車両補償×
車両超過修理特約×
新価特約×
レンタカー諸費用特約×
弁護士費用特約
他車運転特約×
損害限定特約×
運転者限定特約

保険料の目安

保険会社や条件によって幅がありますが、3万円~9万円ほどです。

この値幅からわかるとおり、保険会社選びで随分と保険料が変わるので要注意です。

自動車保険料を安くするために大事なことは?

自動車保険によって最大8万円の保険料の差


「全く同じ条件」であっても、自動車保険ごとに最大8万円の保険料の差が出ます。つまり、保険料を安くしたいなら、全ての保険料を見積もって安いところを探すことが必要です。

かと言って、一社ずつ見積もるのは膨大な時間が掛かります。

安い自動車保険を探すなら「一括見積もり」

そこで、保険料を節約するために効率的なのが一括見積もりサイトです。私も毎年利用するおすすめなサービスで、これをしっかり利用することが保険料節約のコツです。

≫ おすすめ一括見積もりサービス|インズウェブ

一括見積もりサイトのメリット

  • 5分で完了できる
  • 20社の保険料を一気に見積もれて比較ができる
  • 勧誘電話がこない

もっと詳しく知りたい方へ

以下の記事では、プロが考え得る限りの「保険料を安くする方法」をリストアップしています。保険料を安くする方法について、もっと詳しく知りたい方はご覧ください。

自動車保険のプロが伝授!保険料を安くする7つの秘訣

続きを見る

ほかにも自動車保険の補償プランを用意しています。

以下の記事で、全3パターンの補償プランを紹介してます。
もうちょっと充実した補償に入りたい方などは、こちらの記事を見てください。

【完全版】プロがおすすめする自動車保険の「補償内容選びの鉄則」

続きを見る

おすすめ:「自動車保険の節約ノウハウのすべてをまとめた」記事があります。

本記事のように、自動車保険の知識を体系的にまとめた記事を用意しています。

自動車保険に関する全体像を把握したい方は、ぜひご覧ください。

プロがおすすめする自動車保険の選び方 完全ロードマップ【安い&安心】

続きを見る

  • この記事を書いた人

丸山(Maruyama)

損保会社で事故担当や営業企画を歴任する。大学時代に、行政書士を取得。就職後に、ファイナンシャルプランナーと証券アナリストを取得。趣味は、ジョギングしながら色んなジャンルのYOUTUBE動画を聞き漁ること。

-補償内容, 自動車保険のおすすめ知識

© 2020 ジコトホケン