補償内容 自動車保険のおすすめ知識 保険料を安くする方法

【初心者向け】新規で自動車保険に入るなら知っておくべき10のこと【プロのおすすめ】

2020年6月26日

  • はじめて自動車保険に加入する。
  • 初心者で何をどうしたらいいか、わからない…
  • 新規で自動車保険に入る場合にお得な方法ってある?

はじめて自動車保険に入ろうとする際には、様々な疑問や不安が出てきます。

  • この保険料は高いの?安いの?
  • どんな補償内容にしたら間違いないの?後から困らないようにしたい!
  • 自動車保険って難しい言葉が多くて、よくわからない。

そのような疑問にプロの目線からお答えするべく、この記事があります。これを読めば、「自動車保険の初心者」から「自動車保険に詳しい人」へランクアップできるようになっていますので、ぜひご覧ください。

1.自動車保険料の相場を知る

まず押さえておきたいのは、「保険料ってどれくらいかかるの?」というポイントです。

自動車保険の見積りはネットで簡単に取れますが、自動車保険も無数にあります。

そんな中で「見積った保険料12万円だったけど…高いの?」という疑問に相場観を持ち合わせておきましょう。

2.新規で加入する場合の平均保険料

車種や補償内容などの条件によって保険料は大きく変わってきますが、6万円~18万円が新規の平均的な相場と思っておきましょう。

以下の表では、補償内容の充実さごとに保険料相場を紹介しています。

補償 保険料相場
最低限 6万円~10万円
普通 8万円~12万円
万全 10万円~16万円

2.初心者が入るべき補償内容を知る

自動車保険は非常にカスタマイズ性が高いので、保険料を安くしようと思えば極限まで補償を削ることできるし、逆もまた然りです。

そのため、はじめて自動車保険に入る場合には「どんな補償内容にしたらいいんだろう?」という不安が付きまといます。

そこで、ここではプロの目線から「間違いのない補償内容(補償プラン)」をお伝えします。

初心者は事故の確率も高い

至極当然のことなんですが、10年間車を運転している人よりも、初めてまたは久しぶりに運転する人の方が事故に遭う確率が高まります。

起こそうと思って事故を起こす人はいない

にもかかわらず、私もそうでしたが、人間誰しも「自分は大丈夫でしょ」と思いがちです。

ただ、実際に運転していると、何でもない車線変更でぶつかりそうになったり、自転車が急に方向転換してきたり…「危うく事故」というケースにかなりの頻度で遭遇し、そのうちのたった1件が交通事故になるのです。

運転歴の浅い方は、「事故には遭うもの」という前提で自動車保険も考えましょう。

手厚い補償にすべし!

以上を踏まえて、運転しはじめの頃は手厚い補償に加入することをおすすめします。

保険料の誘惑

補償内容と保険料には相関性があるため、補償を削って「お金の節約をしたい」という甘い誘惑に釣られそうになります。

しかし、交通事故を起こすと200万円近くの費用が発生します。「いまの5万円よりいつかの200万円」と考えて、運転に自信が付くまでは手厚く行きましょう。

おすすめの補償内容

以下は、営業は絶対に教えてくれない「補償内容の選び方」の”鉄則”をわかりやすく解説した記事です。補償選びの前提として読んでみてください。

損保会社が教えない自動車保険の補償内容の選び方【完全ガイド】

ただ、「自分で補償内容を組み立てるのは面倒くさいな…」という方には、この記事がおすすめです。

【万全の補償を求める方へ】プロがおすすめする自動車保険の補償内容

3.保険料の決まり方を知る

自動車保険の保険料は複雑な計算のうえに成り立っています。

そのすべてを知る必要は一切ありませんが、保険料を安くするためにキィとなる部分だけは知っておきましょう。

一番に知っておくべきは等級制度

詳しく見る必要はありませんが、下表のように1等級~20等級までの「等級」というものが用意されています。

1年間事故をせずに過ごすと1等級上がり、事故をすると3等級下がる、という昇降運動をしながら20等級まで上り詰めることを目指しましょう。

新規は6等級スタート

このうち、新規は6等級から始まるため、20等級に上り詰めるために最短でも14年かかります。

ただ、保険料の割引率を考えると、6等級から20等級で2倍以上も保険料が安くなります。事故せずに等級を上げていきたいですね。

自動車の用途によっても保険料は変わる

自動車の用途とは、「何のために自動車を使うのか?」ということです。毎日、営業の仕事で車を走らせていれば、その分事故が起きる確率も高まりますよね。

具体的には3つの用途がありますので、下の表を確認してください。上から下にかけて使用目的がライトになるので保険料も安くなります。

用途 基準
業務使用 月15日以上を仕事で使う場合
通勤・通学使用 月15日以上を通勤・通学で使う場合
日常・レジャー使用 それ以外

保険料の決まり方をもっと知りたい方へ

これ以上に詳しく知る必要はないと思いますが、「もっと知って自動車保険博士になりたい!」という方はこの記事をどうぞ。

自動車保険の保険料はどうやって決まる?プロが7つのポイントで解説

4.セカンドカー割引を知る

ここからは新規だからこそお得になる割引を紹介していきます。

各保険会社は、新しいお客さんを喉から手が出るほど欲しがっているので、新規向けの割引というものがいくつかあります。

セカンドカー割引って?


出典:三井ダイレクト損保「セカンドカー割引とは」

自動車保険に新規で加入する際に、家族の車に既に自動車保険が掛かっていれば、13~41%というかなり大きな割引を受けることができるサービスです。

これは前述の「等級制度」を利用しており、通常なら新規で加入すると6等級からスタートする等級が、ひとつお得な7等級からスタートできるという仕組みです。

「同じ保険会社」である必要なし!

良く勘違いされがちですが、1台目にA社の自動車保険を掛けていて、2台目にA社よりも安いB社の自動車保険を掛けるということも全然OKです。

「1台目と同じ保険会社」に囚われるとお得な保険に加入できませんので、広く色んな自動車保険を探してみましょう。

セカンドカー割引をもっと知りたい方へ

セカンド―割引については、以下の記事で詳しく紹介しています。もっと知りたいという方はどうぞ。

2台目の自動車保険をお得に!プロがおすすめの5のコツ【セカンドカー割引ほか】

5.インターネット割引を知る

加入初年度はインターネット割引がお得

ネット損保に限った話ですが、一部の自動車保険では、加入1年目は「インターネット割引」で1万円ほどお得になります。

  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • セコム損保
  • ソニー損保
  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト損保
  • SBI損保
  • セゾン自動車

2年目以降は割引率が落ちることが多い

ただし、2年目以降に継続しようとすると割引率が大きく落ちて、2千円~3千円ほどになってしまうことが多いので注意しましょう。

6.保険料を安くする方法を知る

一般的に新規で自動車保険に加入する場合には、保険料が高くなりがちです。

ただ、だからといって「新規だから高くて当たり前」という考え方はナンセンスです。「安い!」とまではいかなくとも、必要最低限の保険料を目指すためのノウハウを紹介します。

最も効果があるのは「一括見積もり」

「ここは割引があるから…あそこは…」と色々考えても、結局は年齢や補償内容などの他条件によって保険料は大きく変わっちゃいます。

だったら、初めから全社の保険料を計算しちゃうべきです。それを5分ほどで出来るのが一括見積もりサイトで、私も毎年使っています。

≫ おすすめの一括見積りサービス|インズウェブ

面倒な営業電話なども来ないので、気軽な気持ちで行うことができます。

保険料を安くするコツをもっと知りたい方へ

以下の記事では、営業は教えない保険料を安くする方法を体系的に説明してます。保険料を数万も安くできる方法なので、ぜひ実践してください。

【5分で2万円節約!】プロが伝授する自動車保険料を安くする4の秘訣

はじめて自動車保険に加入する方は20代の方が多いと思います。以下の記事では、20代に特化して保険料を安くするノウハウを紹介しています。

20代だからって安い自動車保険を諦めるな!3つの裏技とおすすめの自動車保険

7.自動車保険会社の種類を知る

自動車保険の保険料について知った後は、各自動車保険がどんな特徴を持っているのか?を知る必要があります。

自動車保険は形がないために「どこに入っても一緒」と思いがちですが、実は全然違います。

「自動車保険ごとの違い」を知る前提として、一番違いが表れる「自動車保険の分類」について理解しましょう。

大手損保とネット損保

自動車保険には、ネットで加入できる「ネット損保(ダイレクト型)」と代理店の担当を通して加入する「大手損保(代理店型)」があります。

大手損保 ネット損保
東京海上日動 ソニー損保
損保ジャパン イーデザイン損保
三井住友海上 セゾン自動車
あいおいニッセイ同和損保 セコム損保
JA共済 SBI損保
共栄火災 チューリッヒ
日新火災 三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
楽天損保

「安心」を求めるなら大手損保

大手損保の強みは、事故対応力の高さ気軽に相談できる代理店にあります。「安心」を求める方は、保険料は高いですが大手損保がおすすめです。

「安さ」を求めるならネット損保

ネット損保の強みは、保険料の安さです。「安さ」を求める方は、ネット損保がおすすめです。

もっと詳しく知りたい方へ

以下の記事で、大手損保とネット損保という分類ごとのメリット・デメリットを詳しく比較しています。ただ、上記の内容を把握できれば十分です。

【自動車保険】プロが大手とネット損保の違いを徹底比較!おすすめは?安いのは?【ダイレクト型vs代理店型】

8.自動車保険会社の違いを知る

「大手損保とネット損保」という分類による大まかな違いを把握したところで、今度は個社ごとの自動車保険の違いを把握しましょう。

差別化すべきポイントは5つ

以下の5つのポイントで自動車保険を比較したうえで、保険料と見合いで「どの自動車保険にしようか?」を決めましょう。

ポイント 内容
事故対応力 一番大切な指標/事故が起きたときに、どれくらいうまく対応してくれるか
補償内容 必要な補償内容が揃っているか
付帯サービス 無料のロードサービスが充実しているか
アフターケア体制 加入した後、気軽に補償の見直しなどについて相談できるか
人気 人気があるか

この考え方をもとに、主要13社について徹底比較・ランキングにしているのが以下の記事です。自動車保険探しの最終段階として見てみてください。

【忖度なしの自動車保険ランキング】プロがおすすめの13社を徹底比較!

9.自動車保険への新規加入の手続きを知る

はじめて自動車保険に加入する際に、最後に出てくる疑問が「加入するには、どうやって手続きしたらいいんだろう?」という点です。

最後に、手続きの流れ損をしないために気を付けるポイントについて説明していきます。

①見積もりを取る

まずは見積もりを取るところから始まります。

おすすめは前述の「一括見積もり」で一気に10社以上の見積もりを取り、一番安い自動車保険を探すことです。

≫ おすすめの一括見積りサービス|インズウェブ

勿論、各社のホームページを開いて見積もりを一個ずつ取ることも可能ですが、大変な手間が掛かります。

②自動車保険会社を決める

どこで自動車保険に入るかを決める訳ですが、ここで気を付けたいのは「保険料だけで決めない」こと。

保険料が安い自動車保険には、安い理由があります。大体が事故対応力を捨てることで、保険料を安くしています。

安い理由に納得のうえで加入するならいいのですが、そこを知らずに「安いから!」だけで飛びつくのは危険です。

上記の『自動車保険会社の違いを知る』をしっかりと実践しましょう。

③申し込む

ネット損保は、各社のホームページ上に申込フォームが用意されています。画面の流れに沿って入力していきましょう。

大手損保は、近くの代理店に連絡して加入する必要があります。一括見積もりを取得した場合は、見積結果のメールに返事をすることで担当者が対応してくれます。

④手続き完了

申込みを終えたら、保険料を支払うことで手続きは完了です。加入の手続き自体は簡単に終わります。

大切なのは、その前提として「手厚い補償にすべし!」・「一括見積もりで保険料を把握する!」・「自動車保険会社の違いを知る!」の3つをしっかり行えるか?です。

まとめ:「初心者」から「詳しい人」にランクアップ

結構なボリュームとなりましたが、この記事を読むことであなたが自動車保険の初心者から詳しい人へランクアップしたことは間違いありません。

この記事の内容を実践し、損をしないように自動車保険へ加入しましょう。

おすすめ:「自動車保険の節約ノウハウのすべてをまとめた」記事があります。

本記事のように、自動車保険の知識をすべてまとめた記事を用意しています。実際に4万円の保険料節約を実現したノウハウを紹介していますので、必読です。

【保存版】プロがおすすめするコスパ最高な自動車保険の選び方【記事まとめ】

  • この記事を書いた人

丸山(Maruyama)

・損保会社で事故担当と営業企画に従事
・大学時代に暇で行政書士
・最近に証券アナリスト

-補償内容, 自動車保険のおすすめ知識, 保険料を安くする方法

© 2020 ジコトホケン ※サイト改修中※