【自動車保険の評判】損保社員がイーデザイン損保の口コミを正直に公開。

自動車保険のおすすめ知識
この記事を書いた人
丸山(Maruyama)

保険会社の事故担当者として業務歴4年
本社の営業企画にて業務歴2年
自動車保険のプロです。

  • 自動車保険を見直し中。
  • イーデザイン損保ってどんな保険会社?
  • 自動車保険に入って大丈夫かな?

自動車保険のような実物のない金融商品は、外部から正確な情報を知ることはほぼ不可能です。

なので、自動車保険の正しい口コミは「損保業界で働く人間」だけが知っています。

この記事では、損保会社で働く私が肌で感じてきたイーデザイン損保の口コミを正直に公開しています。

スポンサーリンク

イーデザイン損保はおすすめできる自動車保険

[イーデザイン損保]保険料の安さ4/補償内容3/付帯サービス4/事故対応力3/アフターケア体制2/人気1

おすすめランキング第7位

以下の記事で公開しているランキングで、現在第7位(13社中)です。

【忖度なしの自動車保険ランキング】プロがおすすめの13社を徹底比較!
事故対応力などの自動車保険の違いは、業界で働くプロだけが肌感覚で理解しています。 この記事では、損保業界で働く私が自動車保険会社を忖度なしで比較しました。 自動車保険を見直し中の方は必見です。
ダイレクト型損保の入門としておすすめ

イーデザイン損保はちょうど平均的なダイレクト型損保なので、「とりあえずダイレクト型を試してみよう!」という方にはおすすめです。

【良い点①】現場急行サービスがある

意外と大事な現場急行サービス

事故に遭わないとわからない点ではありますが、相手がどんな人かもわからない「事故直後の不安」って凄いんです。そんな事故直後にセコムが駆けつけてくれるサービスを展開しています。

【良い点②】保険料が安い

ダイレクト型損保のちょうど平均くらいの安さ


保険料については、ダイレクト型損保の平均値をあらゆる条件で確保しています。

余談:もっと保険料を安くしたいなら

余談ですが、保険料を安くするなら一括見積りが最効率です。5分で2万円くらい保険料が節約できますので、ぜひ試してみてください。

以下の記事では、営業は教えない保険料を安くする方法を体系的に説明してます。

【5分で2万円節約!】プロが伝授する自動車保険料を安くする4の秘訣
この記事では、現役損保社員だからわかる「自動車保険料を2万円安くするための秘訣」を解説しています。 自動車保険の仕組みを知ることで、自動車保険の保険料は「簡単」かつ「劇的」に節約できるんです。 次に入る自動車保険を探している方は必見です。

【悪い点①】事故対応力を期待してはダメ

「面談体制がない」という致命的欠陥

イーデザイン損保では、相手の性質に応じて「対面での示談交渉」をしてくれるような面談体制は全く用意されていません。なので、保険会社が示談で揉める可能性が非常に高く、あなたが面倒な交渉に駆り出される可能性もあります。

面談体制はなぜ大事?

まず知ってほしいのは、1割の確率で事故相手が「グズグズ言わずに会いに来い!」と怒鳴り散らす”やっかいな奴”であること。そんな人に保険会社が「会うのは難しいんですよー」と言い張ると、確実に示談交渉で揉めまくります。

また、面談を多くこなすと示談交渉スキルが飛躍的にアップするという技術的な関係性も強く存在します。

【悪い点②】愛車が大破しても乗り続けたい人はNG

「車両超過修理特約」がない

「車両超過修理特約」は、愛車が全損となった場合にも修理費を全額出してもらうための特約です。ソニー損保では用意されていませんので、この特約を付けたい方には不向きな保険会社です。

【悪い点③】オリジナル特約に騙されないで

「いらない特約」が沢山ある

オリジナルの特約が沢山あるといえば聞こえがいいですが、プロから見て「この特約いらんでしょ」というものばかりです。

後ほど紹介する記事でも解説していますが、「どんな補償が必要で、どんな補償は不要か?」という知識をしっかり持っておきましょう。

おすすめ:「自動車保険の節約ノウハウのすべてをまとめた」記事があります。

ほかの保険会社の評判などの「自動車保険の知識」をすべてまとめた記事を用意しています。実際に4万円の保険料節約を実現したノウハウも紹介していますので、必読です。

【保存版】プロがおすすめするコスパ最高な自動車保険の選び方【記事まとめ】
正しい知識を持てば、自動車保険料は生活費のなかでも最も節約しやすい費用なんです。 この記事では、現役損保社員が自動車保険料を「2万円安くする秘訣」と「安くても補償万全な自動車保険の探し方」のエッセンスをまとめています。
タイトルとURLをコピーしました